食べても太らないようにするには!?

P

食べても太らないようになるには、痩せるホルモンといわれているGLP-1を増やす方法がおすすめです。

 

腸内環境が整うと、GLP-1が多く分泌され痩せ体質を手に入れる事ができるので腸内環境を整えるために乳酸菌を増やすと効率的です。

 

乳酸菌を増やすには、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖を摂るとよいです。

 

普段の食事で意識したい食べ物としてヨーグルト、キムチ、漬物、タマネギ、キャベツ、ゴボウなどが挙げられます。

 

特にキャベツやゴボウは食物繊維が豊富なので、お通じ改善効果も期待でき、おすすめです。

 

さらに食べても太らないようになりたいなら、EPAを多く摂るとよいです。

 

P

EPAは青魚に多く含まれている成分で、EPAを多く摂るとGLP-1が多く分泌されることがわかっています。

 

EPAを多く含むのは、サバ、イワシ、アジ、サンマなどの青魚なので、食事の際、積極的に摂るようにしましょう。

 

そうすれば、GLP-1の分泌量が多くなるので、痩せ体質になることができます。

 

P

食べる順番を決めておくのも、食べても太らないようにする方法としておすすめできます。最初はスープやみそ汁から飲み始め、次にサラダを食べ、おかずを食べます。

 

そして最後にご飯を食べる事を意識してみてください。そうすると血糖値の上昇が緩やかになり次の食事までに空腹感を感じにくくなります。

 

食べる順番を決めるだけで満腹感を得られるようになるので積極的に取り入れてみてくださいね!